2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「ソーラーマックスIIフィルターセット SM2F-40/BF5」の到着 2013年11月26日 | トップページ | 「ラヴジョイ彗星(C/2013 R1)」の撮影 2013年11月30日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL3、ポラリエ) »

2013年12月 2日 (月)

散開星団M46・M47」の撮影 2013年11月30日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「散開星団M46・M47」を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED + スリムフラットナー1.1×DG + オリンパスE-PL3 + ポラリエ です。 (機材詳細は、こちら)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出60秒、セルフタイマー2秒

36ed7110epl3m464720131130_iso2000_6

ほぼ南中する時間帯に撮りました。

しかしながら、街灯がある方向でもあるので

あまり条件は良いとは言えないですが

それなりに まあまあ写ったと思います。

このように微光星が沢山写っている写真は、なかなか良いものですね。

光害地においても、散開星団はコ・ボーグやミニボーグの得意な分野かと思います。

光害地でも、これだけ写れば結構な満足感が得られるので

家からですが、晴れれば ほぼ毎日のように撮るようになりました。

決してヒマな時間が有り余っているわけではありませんが

15分も確保できれば、この程度の写真1枚くらいは簡単に撮れてしまうんですよね。

月の撮影ならば、準備から撤収まで 5分もかからないと思います。

つまり、かける時間に対する満足度が非常に高いんです。

これが重要な要素ですね。

レンズの性能が高いのと最近のデジカメの性能向上があってこそのことだと思います。

といも良い時代になりました。

« 「ソーラーマックスIIフィルターセット SM2F-40/BF5」の到着 2013年11月26日 | トップページ | 「ラヴジョイ彗星(C/2013 R1)」の撮影 2013年11月30日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ソーラーマックスIIフィルターセット SM2F-40/BF5」の到着 2013年11月26日 | トップページ | 「ラヴジョイ彗星(C/2013 R1)」の撮影 2013年11月30日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック