2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« CP+ 2014 行ってきました!(VIXENブース編) | トップページ | 2014年2月21日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

2014年2月22日 (土)

2014年2月20日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/200秒、低振動モード4秒

50flepl32014220_iso400_2001bl01_2

薄雲りで、ときおり厚めの雲が通りかかるような空で

薄い雲ごしですがうまく撮れたと思います。

こういう日は、数を撮らないと良い画像がなかなか得られませんね。

全部で11枚と比較的オイラ的には多く撮った方ですが

一番良いのがこの画像です。

意外にも結構シャープに撮れたと思います。

思わずテンション上がりましたね。

気分良くなって、久しぶりに眼視も楽しみました。

アイピース(ナグラーズーム3-6mm)を取り付けて

覗きましたが3mmにして133倍にして観察しても

全然問題ありません。とてもシャープで、まだまだ倍率を上げることが

可能だと思いました。

月を見るのには、十分過ぎる対物レンズなのでしょうね。

さすがフローライトです!

しかし、口径50mmでこれだけみれるというのも凄いものだと

いつもながらに感心してしまいます。

写真撮影も良いですが、眼視での観望も捨てがたいものです。

眼視のイメージは、写真よりも数段上の画像が得られます。

かなりの高解像度です。

« CP+ 2014 行ってきました!(VIXENブース編) | トップページ | 2014年2月21日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CP+ 2014 行ってきました!(VIXENブース編) | トップページ | 2014年2月21日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック