2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2014年2月9日の月(機材:コ・ボーグ36ED、1.4×テレコンバーターDG、E-PL3) | トップページ | 2014年2月11日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

2014年2月13日 (木)

2014年2月9日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/800秒、低振動モード4秒

50flepl3201429_iso400_8001bl01

月齢的に撮り頃なのもあってか欠け際は、意外な程シャープに撮れました。

シーイングは悪かったのですが たまたまシャッターを切る

タイミングが良かったのでしょうね。

欠け際のみですが、期待以上のシャープな画像に思わずテンション上がってしまいましたよ。

やっぱ、ミニボーグ50FLは とても良いレンズですね。

口径50mmとは思えないほどシャープに撮れます。

この日、二度目の月の撮影でしたが

寝る前に布団の準備をするついでに撮りました。

撮影~撤収まで、わずか5分程度ですが実に充実した時間ですね。

それで、これだけの画像が得られれば満足ですよ。

それを可能にしてくれるのは、現在 ミニボーグだけではないかと思います。

特に ミニボーグ50FLは タイムパフォーマンスが素晴らしいです。

こんな隙間時間にこれだけの画像をゲットできるのは素晴らしすぎです。

コストパフォーマンスは、だれでも意識しているかと思いますが

オイラにとって もっと重要な要素はタイムパフォーマンスです。

準備から撮影して撤収するまでの時間に対して

得られる対価がいかに高いものかどうか、ですね。

« 2014年2月9日の月(機材:コ・ボーグ36ED、1.4×テレコンバーターDG、E-PL3) | トップページ | 2014年2月11日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年2月9日の月(機材:コ・ボーグ36ED、1.4×テレコンバーターDG、E-PL3) | トップページ | 2014年2月11日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック