2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2014年3月3日の月(機材:コ・ボーグ36ED、1.4×テレコンバーターDG、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「リング星雲M57」の撮影 2014年3月6日(機材:ミニボーグ60ED、35mm REDUCER DX 0.8×、E-PL3、ポラリエ) »

2014年3月 7日 (金)

「こと座のダブルダブルスター」の撮影 2014年3月6日(機材:ミニボーグ60ED、35mm REDUCER DX 0.8×、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「こと座のダブルダブルスター」を撮影してみました。

機材は、ミニボーグ60ED+35mm REDUCER DX 0.8×+オリンパスE-PL3 +ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用) 

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出時間40秒、低振動モード4秒

60edre08epl3201436_iso2000_40bl01

雨上がりで透明度がとても良かったのですが

シーイングが悪くて、もっとやっかいなのが風でした。

風がけっこう強くて機材のブレが画像に反映される形となったようです。

大きくトリミングするとなんとなくピントが合ってないような感じであったり

みごとにブレの画像であったりしましたが、たまたまこの画像は

そういったマイナス面が少ない画像です。

まずシーイングの良し悪しの判断にと思って導入したダブルダブルですが

良いときは、みごとに4つに分離しますが この日は全くダメです。

2つです。ただの二重星でした。

またの機会に観望してみたいと思います。

撮影では、4つに分離するのは難しいのですが

観望ではシーイングさえ良ければ 口径60mmでもハッキリと4つに分離することが

分かってますので次のチャンスで分離した姿を見たいと思います。

« 2014年3月3日の月(機材:コ・ボーグ36ED、1.4×テレコンバーターDG、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「リング星雲M57」の撮影 2014年3月6日(機材:ミニボーグ60ED、35mm REDUCER DX 0.8×、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年3月3日の月(機材:コ・ボーグ36ED、1.4×テレコンバーターDG、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「リング星雲M57」の撮影 2014年3月6日(機材:ミニボーグ60ED、35mm REDUCER DX 0.8×、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック