2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ベイスターズvsヤクルト の観戦 2014年4月12日-その2(機材:コ・ボーグ36ED、7110、E-PL3) | トップページ | 「コートハンガー」の撮影2014年4月11日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

2014年4月17日 (木)

2014年4月10日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/250秒、低振動モード4秒

50flepl32014410_iso400_2501bl01

欠け際周辺は、かなりシャープです。

ですが・・・フチのあたりはメラメラしていてボケーッとした感じですかね。

虹の入江が ちょうど欠け際になっていて 面白いですね。

何故、欠け際とフチで 撮影した画像に違いが出るのでしょうか?

地球の大気の影響だとしたら月のどこでも均一に良かったり悪かったり

かと思います。

・・・月には大気も無いですし・・・

よく考えると、月の欠け際とフチとでは、微妙に距離が違うなぁ・・・。

それでしょうか?微妙に距離が違うこと、それが地球の大気の状態に

よってはピントにズレが生じることがあったりするのでしょうかね。

誰か知っている方、いましたら教えてください。

« ベイスターズvsヤクルト の観戦 2014年4月12日-その2(機材:コ・ボーグ36ED、7110、E-PL3) | トップページ | 「コートハンガー」の撮影2014年4月11日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベイスターズvsヤクルト の観戦 2014年4月12日-その2(機材:コ・ボーグ36ED、7110、E-PL3) | トップページ | 「コートハンガー」の撮影2014年4月11日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★






☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ レンズキット ホワイト
  • OLYMPUS ミラーレス一眼 9mm f8 フィッシュアイ ボディキャップレンズ ホワイト BCL-0980 WHT
  • OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-PL7, E-PL8用 本革ボディージャケット ホワイト CS-45B WHT
  • OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ用 自動開閉式レンズキャップ シルバー LC-37C SLV
  • OLYMPUS パンケーキレンズ M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 シルバー
  • OLYMPUS 望遠ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R シルバー
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック