2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

« 「球状星団M4」の撮影2014年3月31日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2014年4月4日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

2014年4月 6日 (日)

ミニボーグ67FL 鏡筒の組立 その3 2014年4月4日

「ミニボーグ67FL 鏡筒の組立 その2」からのつづきです。

ピントは∞にあったのですが、やはりフィルターBOXを取り付けたくて・・・

その理由が、①回転装置が付いているから②フィルターが簡単に取付できるから

なんですよ。なかなか便利なパーツですからね。

再度急ぎで・・・

↓ミニボーグ67FL鏡筒を組み替えてみしました。

67fl7108epl3_20140404

実は、「ミニボーグ67FL 鏡筒の組立 その1」 とほぼ同じなのですが

カメラマウントホルダーM【7000】M57→M49.8ADSS【7923】に変更しました。

(以前購入していたものの、このパーツは眠っていました。)

さて、ここからマルチフラットナー1.08×DG【7108】の調整です。

まずは、↓7108と5011の間の距離を測ります。

67fl7108epl3_2014040402

約40mmくらいですね。

本来メーカー推奨だと29.7mmなので プラス10.3です。

そこで ↓ここを使って調整しようと思います。

67fl7108epl3_2014040403

通常位置300のメモリから 10.3mm程カメラ側に移動させることにします。

↓こんな感じです。

67fl7108epl3_2014040404

あとは、再度組立するだけです。簡単!簡単!

みなみに、↓ここがチャームポイントですね。

67fl7108epl3_2014040405

このラッパ型フードのしぼむ部分がなんともキュートです。

そして ヘリコイドM57、これはヘリコイドの中でも軽いタッチで

実にスムーズに回転してくれます。

↓ポラリエに乗せました。

67fl7108epl3_2014040406

おぉ~完成!かな? 今度こそ調整完了といきたいです。

あとは、ピントさえ合えば文句なしですね。(だぶん)

この日は、雨が降っていたので 次の日にでも

試そうかと目論んでいるオイラでした。

« 「球状星団M4」の撮影2014年3月31日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2014年4月4日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

天体望遠鏡の鏡筒」カテゴリの記事

天体用機材etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「球状星団M4」の撮影2014年3月31日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2014年4月4日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

広告


☆お勧め商品!

  • 笠井トレーディング WideBino28 ワイドビノ28
  • スコープテック × ヒノデ 星座望遠鏡
  • 月刊 星ナビ 2018年 3月号
  • Vixen 双眼鏡 星座観察用双眼鏡 SGシリーズ SG2.1×42
  • Vixen 双眼鏡 星見双眼鏡SG6.5×32WP
  • Vixen 双眼鏡 ジョイフルH 6×18
  • Vixen 双眼鏡 アリーナH 8×21WP ダハプリズム式 8×21WP
  • Vixen 双眼鏡 ソラプティLiteH 8×21WP

最近のトラックバック