2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「球状星団M13」の撮影2014年3月27日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | ミニボーグ67FL 鏡筒の組立 その2 2014年3月27日 »

2014年4月 2日 (水)

ミニボーグ67FL 鏡筒の組立 その1 2014年3月25日

↓ミニボーグ67FL鏡筒を組み替えてみしました。

201432567fl7108epl302

ポイントとしましては、まず7108を取り付けるにあたって

マイクロフォーサーズ規格のカメラ E-PL3を使うので

フランジバックを確保しなければいけません。

すのスペースにフィルターボックスを付けられれば便利かと思って

マルチフラットナー1.08×DG【7108】フィルターBOX【7520】

M57/60延長筒SSW【7605】を使って

↓このように接続してみました。

201432567fl7108epl303

さて、この時点では 71085011間の推奨光路長(たしか29.7mm)が

長すぎるので、まずは↓7108のここの距離を測って

201432567fl7108epl304

フランジバックの長い分だけ↓こんなふうに縮めました。

201432567fl7108epl305

まぁこれでフランジバックはOKかと。

↓そして、ヘリコイドは M57ヘリコイド【7857】に しました。

201432567fl7108epl306

このヘリコイド、M57ヘリコイドLII【7860】よりもスムーズで

軽いタッチで回転するので可動範囲は狭いですが天体用には良いと思います。

そして・・・↓ポラリエに乗せて見ました。

201432567fl7108epl301

いいですね~実にイイです!!

この後、すぐに外に出て明るいベガでピントを合わせようとしたのですが

なんと!!! ピントがあと少しのところで合いません!

ヒャーまいりました。長すぎました。

すぐさま、室内に戻って 適当なパーツを取りにいくオイラでした・・・。

つづく。

« 「球状星団M13」の撮影2014年3月27日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | ミニボーグ67FL 鏡筒の組立 その2 2014年3月27日 »

天体望遠鏡の鏡筒」カテゴリの記事

天体用機材etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「球状星団M13」の撮影2014年3月27日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | ミニボーグ67FL 鏡筒の組立 その2 2014年3月27日 »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック