2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2014年4月7日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「球状星団M13」の撮影2014年4月7日 その2(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

2014年4月12日 (土)

「球状星団M13」の撮影2014年4月7日 その1(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「球状星団M13」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL3 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出時間60秒、低振動モード4秒

67fl7108epl3m4201447_iso2000_60bl02

これは素晴らしいです!

透明度も比較的良くて、追尾もうまく行きました!ピントもまずまずです!

なんてことでしょうか・・・。

こちらのトリミング画像を是非見て下さい!

球状星団の粒々がシッカリと分解していて眼視でのイメージを

はるかに超えています。

あぁ・・・美しいです・・・、感無量ですね。

こんなコンパクトな機材で こんな写真をいとも簡単に撮れるなんて・・・。

重たい赤道儀などは必要ないんですね。

片手で簡単に持ち上げられる機材ですし、煩わしいケーブルの引き回しも

ありません。

撮影時間も準備から撮影、撤収まで20分程度です。

①機材を外に出す 5分

②極軸を合わせる 2分

③導入ピント合わせ等の調整 3分

④プリ撮影 1分

⑤本撮影 4分(60秒露出 2回の場合)

⑥撤収 5分

だいたい、このような内訳です。

あまり時間に余裕のないオイラにとっては、

時間が短くて済むというのは重要な要素です。

ミニボーグ67FL、イイですよ!

« 2014年4月7日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「球状星団M13」の撮影2014年4月7日 その2(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年4月7日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「球状星団M13」の撮影2014年4月7日 その2(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★






☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ レンズキット ホワイト
  • OLYMPUS ミラーレス一眼 9mm f8 フィッシュアイ ボディキャップレンズ ホワイト BCL-0980 WHT
  • OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-PL7, E-PL8用 本革ボディージャケット ホワイト CS-45B WHT
  • OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ用 自動開閉式レンズキャップ シルバー LC-37C SLV
  • OLYMPUS パンケーキレンズ M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 シルバー
  • OLYMPUS 望遠ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R シルバー
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック