2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 相模原市立博物館に行ってきました…その3 2014年4月29日 | トップページ | 「アレイ状星雲M27」の撮影 2014年5月3日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

2014年5月 5日 (月)

2014年5月2日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ)

自宅屋上にて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL3 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓トリミング、感度ISO800、露出時間1/400秒、低振動モード4秒

67fl7108epl3201452_iso800_4001bl01

この月齢としては、良く撮れたと思います。

まず、時間帯が限られているので難しいのですが

子供達がテレビに夢中になっているスキになんとか時間を作れたので

タイミングが良かったですね。

この日は金曜日だったので「妖怪ウォッチ」という番組を

子供達が見ていました。

この番組、オイラもたまに一緒に見るものの、まだ内容を完全に理解していません。

主人公の男の子が妖怪ウォッチという腕時計型の機器を持っているのですが

その妖怪ウォッチを使うことで、妖怪を見ることが出来たり

コインのようなものを入れると妖怪を呼びたすことが出来るのですが

どうやら、妖怪ウォッチを使って 出会った妖怪とコミュニケーションをとりながら

主人公が直面した問題を解決していく、というストーリーらしいことが

なんとなく分かってきました。

妖怪のアニメというと、「ゲゲゲの鬼太郎」を思い出しますが

イメージからして全然違います。

妖怪ウォッチに出てくる妖怪は、断然カワイイです。

それが人気の秘密なのかもしれませんね。

娘の学校でも、流行っているらしいので「ついて行かなくては!」と思うオイラでした。

かなり話が 逸れてしまいましたが

つまり「妖怪ウォッチ」という番組のお陰で 細い月の撮影が無事に出来ました。

有り難いことです。

« 相模原市立博物館に行ってきました…その3 2014年4月29日 | トップページ | 「アレイ状星雲M27」の撮影 2014年5月3日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 相模原市立博物館に行ってきました…その3 2014年4月29日 | トップページ | 「アレイ状星雲M27」の撮影 2014年5月3日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック