2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2014年5月18日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2014年5月19日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

2014年5月25日 (日)

はくちょう座・アルビレオ(二重星)の観望 2014年5月18日(機材:ミニボーグ67FL、ナグラーズーム3-6mm、パンオプティック24mm)

ミニボーグ67FLにて

久しぶりに観望を楽しみました。

20140518_67fl_01

導入用アイピースに「パンオプティック24mm」を使用していますが

見え方として、中心像は非常にシャープで申し分ありません。

しかし周辺像は、中心から70%程度から緩やかに崩れ始め

周辺に向かって伸びるような星像となっています。

残念ですが、これは ミニボーグ67FL対物レンズのFが

4.5と非常に明るい代償として仕方ないことだと思います。

バックグラウンドは、光害地なので やっぱり明るくなりますね。

これは郊外地に遠征するしかありません。

この日は比較的高度のある はくちょう座のアルビレオを導入しました。

「パンオプティック24mm」を使うと 12.5倍 で、

双眼鏡の少し高めの倍率みたいなもので

苦もなく導入可能、ファインダーは要りませんね。

この12.5倍で アルビレオは 分離してます。色も分かります。

しかし、この光害地では バックが明るすぎて見栄えが良くありません。

そこで倍率をアップしたいので、

いつも常備している「ナグラーズーム3-6mm」にアイピースを交換します。

すると、6mmでも 明らかにバックが暗くなり 見良くなりますね。

分離もラクラクです。

(「ナグラーズーム3-6mm」では、どの倍率でも全領域でシャープな星像です。)

3mm(100倍)だと 二重星としては 離れ過ぎる感じなので

4mm(75倍)くらいが バックの暗さとのバランスが良かったです。

↓こんなイメージですね。

67fl36mm4mm_20140518

(ステラナビゲータV9 にて作成)

この二重星は色の違いが分かりやすいのが、イイですね。

しかも低倍率から中倍率まで、倍率の選択肢に比較的幅が

あるのも気軽でイイです。

« 2014年5月18日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2014年5月19日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年5月18日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2014年5月19日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック