2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「トマト」の撮影 2014年6月29日(機材:SAMYANG 7.5mmF3.5 UMC FISH-EYE MFT、E-PL3) | トップページ | 「トマト」の撮影 2014年7月5日(機材:FUJINAR-E 7.5cm F4.5、7842、E-PL3) »

2014年7月 7日 (月)

2014年7月5日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL3 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/400秒、低振動モード4秒

67fl7108epl3201475_iso400_4001bl01

久しぶりに月が見えている時間帯にスッキリと晴れてくれました。

といっても雲は結構ありました。

うま~く月が見えている場所だけ雲があまりありませんでしたので

ラッキーでしたね。

しかも、上弦の月ということでテンション上がりましたよ。

しかししかし、撮影時に若干のアクシデント!

なんとピントがギリギリでした。

今までは内外像が見える仕様で鏡筒を組み立てているつもりでしたが

どういう訳か鏡筒を一番短くした場合のヘリコイドの位置で

ピントがギリギリ合っている?という状態でした。

後から気がついたのですが、

M57→M49.8ADSS【7923】の代わりに

カメラマウントホルダーM【7000】が取り付いていました。

これでは、ピントがギリギリですね。

たぶん引延しレンズを使用した時に拝借したためです。

しかし、梅雨時期の貴重な晴れ間でした。

« 「トマト」の撮影 2014年6月29日(機材:SAMYANG 7.5mmF3.5 UMC FISH-EYE MFT、E-PL3) | トップページ | 「トマト」の撮影 2014年7月5日(機材:FUJINAR-E 7.5cm F4.5、7842、E-PL3) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「トマト」の撮影 2014年6月29日(機材:SAMYANG 7.5mmF3.5 UMC FISH-EYE MFT、E-PL3) | トップページ | 「トマト」の撮影 2014年7月5日(機材:FUJINAR-E 7.5cm F4.5、7842、E-PL3) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック