2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2014年7月7日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2014年7月8日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

2014年7月13日 (日)

「カシオペヤ座η星 アキルド」の撮影 2014年7月8日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「カシオペア座η星(二重星)アルキド」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL3 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード4秒

67fl7108epl3201478_iso2000_30bl01

↓トリミング、感度ISO2000、露出時間1/8秒、低振動モード4秒

67fl7108epl3201478_iso2000_81bl02


前回撮影したときの機材とは違うのですが

今回の機材構成でもなんとか分離できました。

明け方、カシオペア座の大分高度が上がってきたので

カシオペア座のアキルド(二重星)も撮影しやすくなりました。

離角が13.2秒くらいなので、望遠鏡での観望には

低~中倍率で分離できる二重星ということもあってお気軽でオススメです。

ステラナビゲーターの説明には

「金色の3.5等星と紫の7.5等星の二重星。

連星系で小口径の望遠鏡で分離できる。

色の組み合わせがとても美しい。」

とあります。

今回、この説明の通りの色までは よく分かりませんでした。

空の条件が良いときに また見たいと思います。

« 2014年7月7日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2014年7月8日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年7月7日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2014年7月8日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック