2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2014年9月21日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団M34」の撮影 2014年9月21日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

2014年9月29日 (月)

2014年9月28日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL3 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/2500秒、低振動モード4秒

67fl7108epl32014928_iso400_25001bl0

昼間の月です。

本当は、土星食を どうにか撮りたいと思っていましたが、

家族の日曜日恒例の買い物から帰宅したのが13:15頃で

すでに土星出現直前だったかと思います。

すぐに昼食の準備をして他の家族は先に食べてもらって

すぐにベランダに行きました。

機材を出したのが13:30頃です。

まず、どこに月があるのかが 肉眼では無理でした。

仕方ないので双眼鏡を出して探すことに…。

しばらくすると南の思ったより低い高度にありました。

早速望遠鏡を向けましたが、月にとりあえず露出を合わせることに・・・

でも土星らしき姿は まったく写らず・・・。

しかも眼視でも位置確認すら出来ず・・・。

昼間の土星を探すのにこんなに苦労するとは思いませんでした。

低倍率のアイピースを使っても結局 土星は見ることができませんでした。

昼間の月も、ここまで細いと難しいですね。

いちおう、画像の中に土星が入っているはずなのですが月しか写ってません。

たぶん露出不足で写ってません。しかしこれ以上露出時間を延ばすと

空が真っ白になります。

今回の昼間の土星は、なかり難易度高いですね。

いやいや良い経験でしたよ。

« 「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2014年9月21日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団M34」の撮影 2014年9月21日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

天体観測(日食・月食・惑星食)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2014年9月21日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団M34」の撮影 2014年9月21日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★



☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ レンズキット ホワイト
  • OLYMPUS ミラーレス一眼 9mm f8 フィッシュアイ ボディキャップレンズ ホワイト BCL-0980 WHT
  • OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-PL7, E-PL8用 本革ボディージャケット ホワイト CS-45B WHT
  • OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ用 自動開閉式レンズキャップ シルバー LC-37C SLV
  • OLYMPUS パンケーキレンズ M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 シルバー
  • OLYMPUS 望遠ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R シルバー
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック