2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2014年9月28日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2014年9月23日の木星・ガリレオ衛星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

2014年9月30日 (火)

「散開星団M34」の撮影 2014年9月21日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「散開星団M34」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL3 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出時間40秒、低振動モード4秒

67fl7108epl3m342014921_iso2000_40bl

高度が高い位置だったので透明度が光害地としては良い条件だと思います。

まばらではありますが、比較的見つけやすい星団なので

重宝します。

導入の仕方としては、赤道儀を使えば簡単なんです。

アンドロメダ座のγ星を導入したら視野を東に38分程移動させれば

視野に入ってきます。

ただし、どのような見え方をするのかが認識できてないと

見逃す可能性があります。

いつもは、アイピースにパンオプティック24mm(12.5倍)を使って導入してますが

小さくゴチャゴチャっと星が集まっている姿が確認できます。

その姿を見て「あっ、これこれ。M34だ。」と思うわけです。

このレベルの星団はアイピース越しに覗いた経験が

いくらかは必要かもしれませんね。

ところで、この写真には人工衛星の軌跡が写っています。

分かりますか?

中央やや右上から中央を通って左下に向かって微かに通っている跡があります。

こんなに天体の真ん中を通るのは偶然とはいえラッキーだと

感じてしまったオイラでした。

« 2014年9月28日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2014年9月23日の木星・ガリレオ衛星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年9月28日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2014年9月23日の木星・ガリレオ衛星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック