2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2014年9月9日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「アンドロメダ座γ星 アルマク」の撮影 2014年9月5日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

2014年9月12日 (金)

「散開星団M34」の撮影 2014年9月5日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「散開星団M34」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL3 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出時間60秒、低振動モード4秒

67fl7108epl3m34201495_iso2000_60bl0

月明りもあなく、かなり天頂に近い位置にあったので

狙ってみました。

この機材の得意な星団なので なかなか良く撮れたと思います。

いつもアイピース(パンオプティック24mm)で導入してカメラを取り付けますが

アイピース越しに見た印象は、なんとなくボヤッとした塊のようなものが

視野に入ってくるので目を凝らしてみると

なんとなく微光星が集まった場所があるというのが分かるレベルです。

何しろ倍率が12.5倍ですから そんな感じですね。

もう少し倍率を上げればそれなりに見えるのでしょうけれど

撮影するには 導入できてしまえば良いので、それで済ませてしまってます。

その導入するときに、やはり透明度が良いと見え方が

ハッキリと違ってきますから面白いです。

この日は、特に天頂付近ということもあって微光星が集まった様子が良く

分かりました。

« 2014年9月9日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「アンドロメダ座γ星 アルマク」の撮影 2014年9月5日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年9月9日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「アンドロメダ座γ星 アルマク」の撮影 2014年9月5日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック