2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 「散開星団M35」の撮影 2014年9月27日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2014年9月29日の木星・ガリレオ衛星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

2014年10月12日 (日)

2014年9月29日の太陽(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、太陽を撮影しました。

機材は、
ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

これに、
バーダープラネタリウム社の
「AstroSolar セーフティーフィルター」
を取り付けて撮影しました。

↓トリミング、感度ISO400、露出1/1250秒、低振動モード4秒

50flepl32014929_iso400_12501bl01

この日は、なかなか黒点が賑やかになってましたので

撮ってみました。

平日の月曜日の朝なので わずかな隙間時間での撮影です。

これが出来るのもミニボーグだからでしょうね。

重たい機材だと パッとだしてパッとしまうことをイメージするのが

難しくなってきますが、軽量コンパクトなミニボーグだと 5分もあれば

準備から撮影、撤収まで 足りてしまうので隙間時間での活用が増えますね。

つい先日、皆既月食がありましたが 日食となると 見れる機会が

かなり少なくなります。太陽画像を見ながら、そんなことを考えてしまいました。

サクッと調べたところ、日本では

①2016年3月9日 部分日食

②2030年6月1日 金環日食

③2035年9月2日 皆既日食

という日程で見れるようです。

しかし、ここから注意が必要ですが

金環日食と皆既日食においては、限られた地域でしか見れないことです。

皆既月食は、天気さえよければ日本全国で見ることができましたが

日食に関しては 異なるようです。

部分日食は、比較的広い範囲でみれますが

金環日食や皆既日食は 日本で見れると言っても

限られた地域のみです。

①は自宅周辺からみることが出来るかもしれませんが

②と③は、遠征しなければ見ることができないようです。

まぁ、まだまだ先の話ですが

当日は見れる場所にいたいものです。

« 「散開星団M35」の撮影 2014年9月27日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2014年9月29日の木星・ガリレオ衛星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「散開星団M35」の撮影 2014年9月27日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2014年9月29日の木星・ガリレオ衛星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • 新登場 Echo Show 5 (エコーショー5)
  • Fire 7 タブレット 16GB - Alexa搭載 (Newモデル)
  • Fire HD 10 タブレット 32GB - Alexa搭載
  • Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT)
  • カレンダー2019 星空散歩
  • 2019年大判カレンダー 月齢 月の満ち欠けカレンダー
  • 日めくりカレンダー 星空ごよみ365日 2019
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック