2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 安田組籠球部 結成20周年記念旅行 その1 | トップページ | 2014年11月13日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

2014年11月20日 (木)

安田組籠球部 結成20周年記念旅行 その2

その1 のつづきです。

みんなのハワイアンズ」動植物園の最終エリアには

↓カピバラさんがいました。

2009

こういった のほほんとした顔の動物は、癒されますね。

鳴かないし、しゃべらないし、動きが少ないし、地味なので、

子供的にはウケがイマイチかもしれませんが・・・。

↓動植物園の最後に、こんなサービスがありました。

2010

入場者1人1人に、手の上に鮮やかな鳥さんを乗せてくれるのです。

この鳥さん、名前は「ルリコンゴウインコ」だそうです。(HPで調べました。)

インコというと、小さいイメージしかありませんでしたが これは大きいです。

オイラの娘2号も、「重かった・・・」と言ってましたから

見た目も重さもそれなりにあるのですね。

インコさんのすぐ目の前に「ポリネジアンショー」の会場入り口があって順次入りしまた。

ショー開始時間までは、キッズスペースで子供達は遊んでました。

これ、重要なポイントですね。

子供達は、待つということが とてもストレスのようで

何かヒマをつぶせる施設やアイテムがないと親が大変です。

↓辺りは暗くなり、ショーが始まりです。

2011

↓初めて こんな近くでフラダンスというものを見ましたが・・・

2012

腰の振り方が激しすぎます!動きが激しいのですが、軸がブレません!

あんなにバランスよく、リズムよく動けるためには、それなりの筋力が必要ですので

相当な練習を重ねているのだと思います。

地元のフラガールズも出てきたようですが、誰かなんだか

オイラには分かりませんでした。

それと、すぐ近くに60~70歳前後の男性の方が 高価そうなカメラを構えて

カシャカシャパシャパシャと写真を撮っていました。

おそらく地元の熱烈なフラファンかと思われます。

時々 口笛など鳴らしたりとか・・・かなり盛り上ってましたが、

すぐ近くにいた子供達は、かなり引いていました(大汗)

無事に、ショーが終わり

なんとなく落ち着いた雰囲気の中・・・

↓足湯を見つけた、子供達・・・

2013

オイラも、まぁ いいか・・・子供らを見張ってよう・・・と思いながら

周りをぐるりと見ていました。

足湯といっても、意外と広くて(普通は、細長いんじゃないの・・・)

しかも、深さも あったりして・・・

などと思ってました。お風呂にしても良いくらいの広さです。

最初は、おじさん1人だけでしたが

子供達がワラワラと入っていったのでほぼ満席状態。

正直、子供が多すぎて全体をあまり見てられませんでした。

そして、この画像↓を撮影直後に大事件が!!

2014

たぶん、子供の誰かが立って中央にジャブジャブと入っていったのでしょう。

それを誰かがマネて、また誰かがマネて・・・

この画像の中央のピンクの子も マネしようとしたんだと思います。

その直後・・・

ザブーン!!

胸、顔くらいまで、足湯につかりました(大汗)

みんな「あぁ・・・・・・・・・っ」

もう大変です。親は大変です。オイラは、どうしてよいか分からず

アタフタとして、ただただ見守るだけでした。

溺れるようなことはなかったので安心しましたが

ママさんがやってきて、あたりまえですが怒っていました。

親としては、ストレスレベル急上昇ですから、仕方ありません。

たぶん一時的に血圧上がりまくりでしょう。

ザブンした本人は「着替えれば いいじゃん!」・・・と何の問題もないかのような返答。

以外と冷静です。

親はメチャメチャ ストレスを抱えているのですが、

子供は むしろ楽しいのかもしれません。

こんな時に、パパさんがいれば少しはママさんのストレスレベルも違うのでしょうが・・・

残念なことに、パパさんは離れた場所でバスケ中だったかと思います。

こればかりは仕方ありませんかね。

冷静に過去を思い返せば、このような水難は 時々見る光景だと思います。

子供の世界は、親の世界と全く違います。

その違いを理解していきながら、親は成長するのだと思います。

(親の苦労は、つきものですが・・・汗)

水難を被った親子は、良い経験をしたと思いましたし、怪我をした訳でもなさそうなので

良い思い出になったかと思います。

そしてオイラも良い経験をさせてもらいました。

画像を通して、子供達の生態を再度認識することができました。

子供達は、いつでも刺激を求めているようでヒマになれば

次の行動に移します。

行動がエスカレートすればするほど親にかかるリスクは大きくなりますよね。

この行動をいかにし制御するか・・・

このバランスは難しいです。親の課題でもあります。

その3に つづく。

« 安田組籠球部 結成20周年記念旅行 その1 | トップページ | 2014年11月13日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

旅行・地域」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

作者らしい観点からのストーリー!
楽しいよっ✌️
その3お待ちしてます!

ぐみちょー さん、コメントありがとうございます。オイラも記事つくってて楽しいです。写真見ながら、いろいろと思いだしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安田組籠球部 結成20周年記念旅行 その1 | トップページ | 2014年11月13日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ) »

広告


☆お勧め商品!

  • 笠井トレーディング WideBino28 ワイドビノ28
  • スコープテック × ヒノデ 星座望遠鏡
  • 月刊 星ナビ 2018年 6月号
  • Vixen 双眼鏡 星座観察用双眼鏡 SGシリーズ SG2.1×42
  • Vixen 双眼鏡 星見双眼鏡SG6.5×32WP
  • Vixen 双眼鏡 ジョイフルH 6×18
  • Vixen 双眼鏡 アリーナH 8×21WP ダハプリズム式 8×21WP
  • Vixen 双眼鏡 ソラプティLiteH 8×21WP

最近のトラックバック