2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2014年12月10日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2014年12月13日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

2014年12月19日 (金)

2014年12月13日の木星・ガリレオ衛星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、木星・ガリレオ衛星を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL3 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓トリミング、感度ISO1600、露出時間1/8秒、低振動モード4秒、3:32

67fl7108epl320141213_iso1600_81bl01

画像に写っているのは、

左側から、

ガニメデ

木星

カリスト

です。

この日のこの時間帯は、木星の全面に2つの衛星(イオ、エウロパ)が横切っていたので

見た目は、左右に 1つずつの衛星しか見えませんでした。

ステラナビゲーターでのシュミレーションでは、2つの衛星が横切る関係で

そのうち1つの衛星の影が木星に投影される状態だったので

眼視で確認しようと試みましたが、ミニボーグ67FL では見ることは出来ませんでした。

シーイングの関係で無理なのか 対物レンズの口径が小さくて無理なかは

分かりませんが、全く衛星の影らしきものは見えませんでしたね。

今まで、10センチクラスの ビクセンFL102S鏡筒では何度も見たことがあるのですが

それ以外の小口径クラスの鏡筒では衛星の影を見たことがありません。

やはり、口径が小さいので難しいのでしょうかね。

シーイングの良いときにタイミングが良ければ、

衛星の影の確認に再度チャレンジしたいと思ってます。

« 2014年12月10日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2014年12月13日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年12月10日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2014年12月13日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック