2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「オリオン大星雲M42」の撮影 2014年11月30日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団M46・M47」の撮影 2014年11月30日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL3、ポラリエ) »

2014年12月 7日 (日)

2014年12月3日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング・リサイズ、感度ISO400、露出時間1/500秒、低振動モード4秒

50flepl32014123_iso400_5001bl01

この日は、シーイングが 結構悪くて 画像を見てもらえれば

なんとなくその様子がうかがえるかと思います。

特に月の右側のフチがメラメラユラユラとした感じで酷いですね。

あまりの酷さに思わずリサイズして少し誤魔化したつもりですが

それでも、まだまだ見にくい画像です。

いよいよ冬が来たな・・・、って思います。

冬は、透明度は良い日が多いのですが

その代わり、シーイングが良くない日も多いですからね。

こんなシーイングの悪い日は、観望の時の高倍率はあまり良く見えませんから

中倍率や場合によっては低倍率で納得しなければいけません。

望遠鏡で観望したときに恒星が肥大して見えるときさえありますからね。

この日は、それに近いようでした。

« 「オリオン大星雲M42」の撮影 2014年11月30日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団M46・M47」の撮影 2014年11月30日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「オリオン大星雲M42」の撮影 2014年11月30日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団M46・M47」の撮影 2014年11月30日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック