2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「散開星団M48」の撮影 2014年11月30日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「系外銀河M81・M82」の撮影 2014年12月3日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL3、ポラリエ) »

2014年12月11日 (木)

2014年12月5日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO200、露出時間1/500秒、低振動モード4秒

50flepl32014125_iso200_5001bl01

満月の前日の月です。この日も結構シーイングが悪かったです。

この月齢ですと、欠け際が殆ど端っこにいってしまっているので

起伏がみられるような場所が僅かですね。

やはり、満月に近いということで ティコ(南側にある大きなクレーター)と、

その周りの光条が一番の見どころでしょうか。

ティコは、月で一番有名なクレーターと言ってもいいでしょう。

月面有人探査を行ったアポロ17号により回収されたサンプルによると

ティコは1億800万年前にできたと考えられているようです。

また、月面探査機サーベイヤー7号によりますと明るく見えるクレーター表面の光条は

アルミニウムを多く含む斜長石であると発表されているようです。

アルミニウムと聞くと、光っているのが納得できますね。

« 「散開星団M48」の撮影 2014年11月30日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「系外銀河M81・M82」の撮影 2014年12月3日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「散開星団M48」の撮影 2014年11月30日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「系外銀河M81・M82」の撮影 2014年12月3日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック