2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「球状星団M3」の撮影 2014年12月21日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「子持ち銀河M51」の撮影 2014年12月23日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

2014年12月29日 (月)

「黒目銀河M64」の撮影 2014年12月23日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「黒目銀河M64」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL3 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓トリミング、感度ISO2000、露出時間60秒、低振動モード4秒

67fl7108epl3m6420141223_iso2000_60b

この銀河、8.5等星と暗いのですが 60秒露出でも ここまで写ってくれます。

黒目銀河と言われる感じがなんとなく分かるレベルまで写るので結構好きですね。

しかし、これを導入するのには 自動導入ではないので、やはり星図が必要です。

なかなか覚えられないので毎回星図を見て位置確認してから導入してます。

星図を準備して(ステラナビゲーター)、位置の確認をし、

アイピースから覗いて望遠鏡の方向を定めます。

試し撮りして、構図を調整してから 本番撮影に入ります。

暗い天体は、よく こんな手順で撮影してます。

面倒かもしれませんが・・・

でもそれだけの苦労する価値はあるので、

撮りたいと思うときは面倒でも星図で位置確認して撮影してます。

« 「球状星団M3」の撮影 2014年12月21日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「子持ち銀河M51」の撮影 2014年12月23日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「球状星団M3」の撮影 2014年12月21日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「子持ち銀河M51」の撮影 2014年12月23日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック