2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2015年2月11日の土星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2015年2月12日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

2015年2月25日 (水)

2015年2月11日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL3 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓トリミング、感度ISO200、露出時間1/400秒、低振動モード4秒

67fl7108epl32015211_iso200_4001bl01

若干のブレを感じる画像ですね。

時々、こんな現象が起こるのですが、ハッキリとした原因は不明です。

毎回、鏡筒のバランスは とれてないのは認識していますが

もしかしたら、それが影響しているのかもしれないな~なんて思ったりしました。

ポラリエを赤道儀みたいに使っているので、本当は鏡筒がどの方向を向いても

バランスがとれている状態が良いのは分かっているのですが

片持ち赤道儀を使用しているためか、赤緯軸に対して重心がズレるというか

オフセットする傾向になるんですよね。

恒久的な対策が必要なのですが、微動装置がどうしても必要なので

バランスがとりにくい、片持ち赤道儀を使っています。

なので、鏡筒が こっちを向いている場合はバランスが良い とか

鏡筒が あっちを向いている場合はバランスが悪いとか 都合の悪いことになります。

そういったことが、ブレや長時間露出の時に出る追尾エラーに

繋がるのかもしれませんね。

一回一回の撮影にバランスをとり直すのは、時間の都合上出来ないので

現在は、アンバランスのまま撮って、ダメであれば都度バランスウェイトで

調整している状況です。何か良い方法はないものだろうか・・・。

そんなことを、考えさせる画像でした。

« 2015年2月11日の土星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2015年2月12日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2015年2月11日の土星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 2015年2月12日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • 新登場 Echo Show 5 (エコーショー5)
  • Fire 7 タブレット 16GB - Alexa搭載 (Newモデル)
  • Vixen 太陽観察用品 日食グラス ともだち ★12/26 部分日食!★
  • Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT)
  • カレンダー2020 星空散歩
  • ビクセン オリジナル天体カレンダー 2020年版
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック