2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「こと座のダブルダブルスター」の撮影 2015年4月3日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | ミニボーグ67FL 鏡筒仕様変更 2015年4月5日 »

2015年4月 9日 (木)

テレビュー アイピース・デロス 6mm

テレビュー(tele vue)の新型アイピース・デロス が仲間入りしました。

6mm01

↓スライド式アイガードを延ばした状態

6mm02

↓アイレンズが大きいですね。

6mm03

このアイレンズが大きいことと スライド式アイガードの効果は

絶大だと思います。

アイレンズが大きいことがアイレリーフの長さに繋がってきますし

アイガードは、コントラストを高めて目の位置を固定して見やすくします。

以前からこのアイピースは気にはなっていましたが、

高価でなかなか手がでませんでした。

見掛視界だけで考えると

テレビュー・パンオプティック(68度)やPENTAX・XW(70度)と

ほぼ見掛視界が同じだったので わざわざ高いお金を払って

購入するほどの物なのかが疑問でした。

しかしよく考えると、

パンオプティックにはない短い焦点距離のアイピースが存在することと

アイレリーフが20mmと長いこと、スライド式アイガードがあること、

など利点はありそうなので 実際に覗いてみたい気持ちが強かったのです。

PENTAX・XWと比較すると、見掛視界はあまり変わらないですし

アイレリーフも同じ20mm、と同じです。

ただ、アイガードが回転式で以前現物を見た時は意外にも回転が渋かったので

スピーディーな位置変更は出来ない仕様でした。

新品価格的にはPENTAX・XWの方が安いので

XWが一般的には優勢ではないかと思います。

その他違う点は、形や重さやですかね。

この辺りは好みがあるので なんとも言えないですね。

オイラは、慣れているのか形はXWよりもデロスの方が好きです。

ただ・・・やはり、大きいですね(汗)

しばらく、使ってみて様子をみてみます。

« 「こと座のダブルダブルスター」の撮影 2015年4月3日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | ミニボーグ67FL 鏡筒仕様変更 2015年4月5日 »

天体望遠鏡のアイピース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「こと座のダブルダブルスター」の撮影 2015年4月3日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | ミニボーグ67FL 鏡筒仕様変更 2015年4月5日 »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック