2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「球状星団M92」の撮影2015年4月18日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「球状星団M13」の撮影2015年4月18日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

2015年4月25日 (土)

「散開星団M11」の撮影2015年4月18日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「散開星団M11」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL3 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・トリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5m112015418_iso2000_30bl

M11 久しぶりですね。この天体けっこう好きです。

散開星団ですが、球状星団に近い密集度で見ていてテンションあがります。

しかし、眼視でみると この光害地では 残念ながら星雲状に近い見え方なので

イマイチ?かもしれません。

もしかしたら口径不足なのかもしれませんが

昔遠征したときに10センチ屈折で見た M11 はとても面白いと思った天体でした。

そのときのイメージが この画像と とても似ていて 今でも思い出させてくれます。

この M11の導入が意外と難易度が高いような気がします。

オイラは、ちょっと変わった導入の仕方かもしれません。

まず こと座の β星を入れます。

そこから ずーと南に視野をずらしていくと(40度弱)

M11 が視野に入ってきます。

この方法が確実なので いつもそうしてます。オススメしますよ。

ただ、透明度が悪いと見つけられないこともありますのでご注意ください。

« 「球状星団M92」の撮影2015年4月18日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「球状星団M13」の撮影2015年4月18日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「球状星団M92」の撮影2015年4月18日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) | トップページ | 「球状星団M13」の撮影2015年4月18日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック