2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「リング星雲M57」の撮影 2015年5月6日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 2015年5月10日の土星(機材:ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ) »

2015年5月20日 (水)

2015年5月10日の太陽(機材:SM2F-40/BF5、ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ)

自宅ベランダにて、太陽を撮影しました。(Hα画像です。)

機材は、
ミニボーグ50FL + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

これに、

「ソーラーマックスIIフィルターセット SM2F-40/BF5」

を取り付けて撮影しました。 (機材詳細は、こちら)

↓トリミング、感度ISO2000、露出1/40秒、低振動モード4秒

Sm250flepl52015510_iso2000_401bl01

久しぶりに ソーラーマックスで太陽のHα像を観察しました。

この日は、あまり大きなプロミネンスは無く

際立って目立つようなダークフィラメントも無く

おとなしめな太陽でしたが、練習ということで撮影しました。

意外と難易度が高い撮影だと思いますので、基本的に時間に余裕がないと

出来ません。

撮影用に鏡筒を組み立てて、導入後にカメラを装着した状態で

ピントを合わせますが、これがなかなか時間がかかります。

いつもライブビュー画面を見ながらピント合わせを行いますが

視野内の明るさが、ちょっと太陽画像の位置がずれただけで

大きく明るくなったり 暗くなったりと ピント合わせ時には苦労します。

その後にティルトリングでコントラストを調整しますが

これまたライブビュー画面では、なかなかピント合わせの時と

同様に難しいですね。

後は、いつも通り露出時間を変えて数枚撮ります。

皆さんは、どんなふうに撮影してるのでしょうかねぇ。

« 「リング星雲M57」の撮影 2015年5月6日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 2015年5月10日の土星(機材:ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「リング星雲M57」の撮影 2015年5月6日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 2015年5月10日の土星(機材:ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック