2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「散開星団M52」の撮影2015年7月12日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2015年7月14日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

2015年7月22日 (水)

「アンドロメダ大星雲M31」の撮影 2015年7月14日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、「アンドロメダ大星雲M31」を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED + スリムフラットナー1.1×DG + オリンパスE-PL3 + ポラリエ です。 (機材詳細は、こちら)

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出60秒、低振動モード4秒

36ed7110epl5_m31_2015714_iso2000_60

今までで 一番良く撮れた気がします。

M31の南側に今までに写ったことのない謎の暗黒帯???がありますね。

今でもよく分かっていませんが、以前も 同じような暗黒帯が別の場所に

写ったことがあったようななかったような・・・。

この コ・ボーグ36ED は焦点距離が M31 にピッタリな感じで良いですね。

光害地で ここまで写ってくれると、あとはもう遠征するのみ!

といった気分になってしまいます。

しかし単独での行動が難しいので、家族を引き連れて行ける場所を考えねばなりません。

しかも、家族が行った先で楽しんでもらえることも重要です。

子供たちが年を重ねるごとに 楽しめる場所も変化していくので

その辺りも考えるうえで重要なポイントとなっていくでしょう。

う~ん、なかなか難しいものです。

« 「散開星団M52」の撮影2015年7月12日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2015年7月14日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

それ、カメラのCCDの汚れです
掃除すれば落ちますよ

けむけむ さん、コメントありがとうございます。
CCDの汚れ、確認してみますね。アドバイスありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「散開星団M52」の撮影2015年7月12日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2015年7月14日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック