2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「散開星団NGC457」の撮影 2015年7月27日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団NGC457」の撮影 2015年8月5日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

2015年8月18日 (火)

2015年8月4日の月(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED + スリムフラットナー1.1×DG + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。 (機材詳細は、こちら)

↓トリミング、感度ISO400、露出1/200秒、低振動モード4秒

36ed7110epl5__201584_iso400_2001_bl

透明度がよろしくない日だったので特有な黄ばんだ感じの月です。

月があると比較的分かりやすいですが、月がないと星空がなんとなく

寝ぼけた雰囲気に見えたりする程度で分かりづらいことがよくあります。

写真を撮ると露出時間に応じてバックの色が明らかに違いますから

すぐに分かります。

それから、今回の月画像は若干ブレを感じるので ちょっと失敗です。

おそらくバランスウェイトが良いポイントに無かったのだと思います。

鏡筒とバランスウェイトのバランスは、意外と難しいと感じてます。

星雲星団の場合、一枚一枚確認しながら

バランスウェイトの位置調整をする方法をとってますが

月の撮影ではやらないことが多いですから仕方ないでしょう。

月は、お気楽度重視で撮影してますので・・・。

« 「散開星団NGC457」の撮影 2015年7月27日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団NGC457」の撮影 2015年8月5日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「散開星団NGC457」の撮影 2015年7月27日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団NGC457」の撮影 2015年8月5日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック