2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2015年9月13日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 天体画像処理ソフトウェア「ステライメージ7」を使ってみました! ~ スターエンハンス ~ 2015年9月23日 »

2015年9月26日 (土)

天体画像処理ソフトウェア「ステライメージ7」を使ってみました! ~ レベル補正 ~ 2015年9月23日

ステライメージ7 をようやく使い始めました。

まぁ まずは いつもPhotoshop でやっていたレベル補正でも・・・

と思いまして、

「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の画像(9/13撮影)を開きまして

マウスを 階調→レベル調整 と動かして クリックすると

↓こんなようにレベル調整のダイアログが開くので

2015091301a

ヒストグラムの 左下にあるグレー色の▲(赤○のところ)を

マウスを使って調整してやります。(しかし、バックが明るいですね。グレーです。)

いつもは、R・G・B、各チャンネル毎に調整します。

ヒストグラムの柱のような場所の立ち上がり付近に▲を合わせると良いと思います。

各チャンネルの調整をすると、↓こんな感じになりました。

2015091302a

大分 バックグラウンドが暗くなって 光害の影響が薄れた感じになりますね。

ヒストグラムの右下にある△を調整すると

画像全体が明るくなったり暗くなったりするようです。

ひとまずはデフォルトで決定(OK)して、

チャンネルをRGBにしてから右下の△を調整しました。

何故かというと、各チャンネル毎に△を調整すると

カラーバランスが崩れやすいのでやめておきました。

ここまでは、Photoshopとあまり変わらないようです。

次に行うの処理は、注目の「スターエンハンス」です。

これは、後日アップしますね。

つづく。

★ちなみに、画像処理ソフト「ステライメージ」の最新バージョンは

こちら↓↓↓ です。

***** ステライメージ8 *****

******************************

 

« 「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2015年9月13日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 天体画像処理ソフトウェア「ステライメージ7」を使ってみました! ~ スターエンハンス ~ 2015年9月23日 »

天体用機材etc」カテゴリの記事

天体観測(全般)」カテゴリの記事

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2015年9月13日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 天体画像処理ソフトウェア「ステライメージ7」を使ってみました! ~ スターエンハンス ~ 2015年9月23日 »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック