2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「プレアデス星団M45」の撮影 2015年9月11日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団NGC663」の撮影 2015年9月11日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

2015年9月16日 (水)

「散開星団NGC457」の撮影 2015年9月11日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「散開星団NGC457」を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED + スリムフラットナー1.1×DG + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。 (機材詳細は、こちら)

↓リサイズ・トリミング、感度ISO2000、露出40秒、低振動モード4秒

36ed7110epl5_ngc457_2015911_iso2000

例によって 散開星団NGC457、別名 ET星団 です。

この天体は、導入が簡単でお気軽撮影&観望には最適です。

( ★導入方法の記事は、こちらです。 )

薄曇りのときでも意外良く写ります。

決して星の密集度が高いわけでも明るい星が多い分けてもありませんが

この星の並び方が、いつ見ても何度見ても不思議と飽きません。

さすがに口径36mmでは、アイピースを取り付けての観望だと

微光星の明るさが不足なため見え方がイマイチかもしれません。

しかし、この画像の通り ほんの40秒も露出してやると

かなり良く写ります。

いつも本撮影の前に、プリ撮影で5秒露出をしていますが

それでも星の並び方は、はっきりと分かりますから

簡易的なデジタル観望であれば、コ・ボーグ36ED でも可能です。

« 「プレアデス星団M45」の撮影 2015年9月11日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団NGC663」の撮影 2015年9月11日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「プレアデス星団M45」の撮影 2015年9月11日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団NGC663」の撮影 2015年9月11日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック