2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2015年11月20日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「オリオン大星雲M42」の撮影 2015年11月21日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

2015年11月24日 (火)

「オリオン座三ツ星」の撮影 2015年11月21日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「オリオン座三ツ星」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出時間40秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_20151121_iso2000_40_bl

久しぶりに この機材で このアングルで撮ったのですが

こんなに いっぱいいっぱい だったなぁと思ってしまいました。

なにしろ コ・ボーグ36ED の画角に慣れてしまっているので

なんか狭く感じてしまいますね。

ミニボーグ67FL を出動させた理由の一つに

カタリナ彗星(C/2013 US10) を観望&撮影しようかという計画を練ってます。

なので 今のうちに ミニボーグ67FL機材取り扱いのリハビリ ということです。

計画するといっても ぶっつけですが・・・。

位置は、ステラナビゲータで想定できるとして

実際に見て確認するためには、それなりの光学系の明るさが必要ですから

やはり、ミニボーグ67FL かな・・・と思いました。

それから、南東の低い高度なので決まった時間帯に出動しないといけませんし・・・

しかも薄明の時間も考えなければいけないので、

短時間で撮影を済まさなければなりません。

それを実現できる機材選びが重要ですよね。

もう高度が低いながら見える時期になりましたが、

少なくとも12月上旬くらいにならないと撮影は難しいかと思います。

(なにしろ住宅地での撮影になりますからね)

12月12日5:00頃では、高度25°くらいのようなので

カタリナ彗星を狙いたいと思ってます。

« 2015年11月20日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「オリオン大星雲M42」の撮影 2015年11月21日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2015年11月20日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「オリオン大星雲M42」の撮影 2015年11月21日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック