2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2015年11月21日の木星・ガリレオ衛星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「オリオン大星雲M42」の撮影 2015年11月27日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

2015年12月 2日 (水)

2015年11月24日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/1600秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_20151124_iso400_16001_

最近、木星を撮影していて シャッタースピードは どの辺りが良いのか

疑問に感じているのですが、それは月の撮影にも言えることかと思っています。

もちろん、ブレないシャッタースピードでノイズの少ない感度が良いのは

認識しているものの、どうも上手く撮れない場合があります。

この画像は比較的良く撮れたと思いますが・・・。

低振動モードにはしているものの 実は振動はしているようでして

その振動が 画像に影響を受けやすい設定、影響を受けにくい設定、

があるのか? と思い始めました。

月を撮影していると時々ブレを感じる画像がありますし、

特に最近は木星のガリレオ衛星を撮影しているとブレを感じる画像が

良くあるので どうにかならないものかと思っていました。

シャッターが開いた瞬間は やはり振動があるかと思うので

その瞬間に撮ってしまった画像はブレが写り込んでしまうのでは???

とか思ったりしました。

つまり、あまり高速シャッターすぎると 良くないのかと

思い始めました。

ポラリエで追尾しているという前提ならば、シャッタースピードは遅くても

良いのかも??? とか思って 試してみたくなりました。

ところで・・・、画像とは かなり離れたお話になりましたが

この月の画像を見ながら そういったことを考えていたので

そのまま記事にしてしまいました。

« 2015年11月21日の木星・ガリレオ衛星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「オリオン大星雲M42」の撮影 2015年11月27日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2015年11月21日の木星・ガリレオ衛星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「オリオン大星雲M42」の撮影 2015年11月27日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック