2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2015年12月9日の木星・ガリレオ衛星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「ふたご座流星群」の観望 2015年12月15日 »

2015年12月14日 (月)

「散開星団NGC2301」の撮影 2015年11月28日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「散開星団NGC2301」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出時間25秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5ngc2301_20151128_iso200

月明かりが結構影響していたので露出を抑えました。

初めての撮影&観望です。

意外と面白い星の並び方です。

鳥が羽を広げたようなそんな雰囲気の並び方に見えますね。

この天体の導入方法ですが、オリオン座の三ツ星の一番右のδ星を導入後に

東へと視野を移動すると視野に入ってきました。

意外とあっさり導入できたのには助かりました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

さて、今夜12/14~12/15の明け方は ふたご座流星群を見るには

とても良い条件とされています。

もちろん、天候が良ければという条件付きなのですが・・・。

国立天文台の情報によりますと、今年は前後10年間で(つまり20年間で)

一番条件が良いようです。

この ふたご座流星群 は、初めて流星を見ようとする方にもオススメです。

なによりも 日が沈んで暗くなってから 明るくなるまで 一晩中

流星が飛ぶ可能性があるので とっても初心者には優しい流星群ですね。

夜空の暗い場所で活動が最大の頃に観察すれば、

最も多いときで1時間あたり40個以上の流星を見ることができる

と国立天文台の方がコメントされています。

オイラ毎年、家の前とかで見ていて、光害地なのですが

1時間も外に出でいると 多いときは20個くらい 少ない時でも10個くらいは

見てます。

今年は天候がイマイチな予報なので、回復のすることを期待したいですね。

« 2015年12月9日の木星・ガリレオ衛星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「ふたご座流星群」の観望 2015年12月15日 »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2015年12月9日の木星・ガリレオ衛星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「ふたご座流星群」の観望 2015年12月15日 »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック