2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2015年12月4日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 2015年12月5日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

2015年12月28日 (月)

「サンタクロースっているんでしょうか?」を買ってしまいました。 2015年12月22日

先月のことですが、

長女から「ほんとは サンタクロースがプレゼント、持ってきてないんでしょ?」

「おとうさん か、おかあさん が、準備してくれてるんでしょ?」という質問があって

少し考えた末に、現実を正直に話してしまいました(汗)

というのも、おそらく 友達から そういった話とかを聞いていたのだと思って

年齢的にも そろそろ そういう時期かと思ったので そう判断しました。

しかし、後から思ったのですが

「何か上手い説明の仕方が無かったのだろうか・・・」と考えて

調べてみたところ「サンタクロースっているんでしょうか?」

という本の存在を知ることができました。

そして、久しぶりに↓衝動買いしてしまって・・・

20151226

早速読んでみました。

アメリカの8歳の子供が、新聞社に「サンタクロースっているのですか?」

という質問をしたことから話しが始まります。

この本の内容、なかなか感慨深いものがありますね。

小さい子供には、説明が難しいかもしれませんが、

ここで言っている要点の一つとして

「見えるもの、分かること ≠ 全てのもの、こと ということ。」ということでした。

つまり、「サンタクロースを見たことがない = サンタクロースは存在しない」

という考え方は成り立たないのです。

つまり、存在するかしないかは 個々の考え方次第なのだと思いました。

自分の結論としては、長年の歳月を経ても クリスマスとサンタクロースの

結びつきが強いと思わざるをえない現状を考えると

何かの強い力・作用がないと これだけ広い地域・年月を継続して

習慣化しているはずがないと考えました。

何かの強い力・作用が毎年毎年 クリスマスという日を楽しくさせているのだと

思いました。

その何かの強い力・作用の源がサンタクロースなんだと思います。

つまり、居るのです。確かに存在しているのですね。

« 2015年12月4日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 2015年12月5日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

家事」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2015年12月4日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 2015年12月5日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★






☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック