2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 「カタリナ彗星(C/2013 US10)」の撮影 2016年1月3日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2015年1月4日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

2016年1月20日 (水)

2016年1月3日の月(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED + スリムフラットナー1.1×DG + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。 (機材詳細は、こちら)

↓トリミング、感度ISO400、露出1/320秒、低振動モード4秒

36ed7110epl5__201613_iso400_3201_bl

まあ、まずまずの写りかと思います。

コペルニクスも見頃の時期にきていて魅力的な月齢ですが

それよりもカメラの視野に入っていた月の右やや上側に

恒星が見えるのに気づきました。

次の画像だと分かるかと思います。

↓リサイズ・トリミング、感度ISO400、露出1秒、低振動モード4秒

36ed7110epl5__201613_iso400_1_bl01

月の右側に おとめ座の恒星 51θ があります。

おそらくこの恒星の星食があったのかと思います。

「あっ、もう少し早く気づけばなぁ・・・」とか思っちゃいました。

ステラナビゲータでシュミレーションすると4:35頃に月の暗い部分から

出現するかんじなんですよね。

その時間であれば間違いなく起きていましたから・・・。

過ぎたことは仕方のないことのなで次のチャンスが訪れるのを待ちましょう。

« 「カタリナ彗星(C/2013 US10)」の撮影 2016年1月3日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2015年1月4日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「カタリナ彗星(C/2013 US10)」の撮影 2016年1月3日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2015年1月4日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • 新登場 Echo Show 5 (エコーショー5)
  • Fire 7 タブレット 16GB - Alexa搭載 (Newモデル)
  • Fire HD 10 タブレット 32GB - Alexa搭載
  • Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT)
  • カレンダー2019 星空散歩
  • 2019年大判カレンダー 月齢 月の満ち欠けカレンダー
  • 日めくりカレンダー 星空ごよみ365日 2019
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック