2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2015年1月4日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「カタリナ彗星(C/2013 US10)」の撮影 2016年1月4日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

2016年1月22日 (金)

2016年1月4日の月(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED + スリムフラットナー1.1×DG + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。 (機材詳細は、こちら)

↓ノートリミング、感度ISO400、露出1秒、低振動モード4秒

36ed7110epl5__201614_iso400_1_bl01

月が中央より少し左側によってるのですが

実は、月の右側に火星を入れたかったからです。

よ~く見てもらうと月の右側に火星があります。

ポチッとした点、それが火星です。

火星は、2016年5月末頃に最接近するみたいなので前後1か月くらいは

望遠鏡で集中的に観察してみたいものです。

今は、まだ視直径が 6秒角程度と まだ小さくしかみえませんが

5月末の最接近時には、19秒角程度にまでなるようですので

是非望遠鏡を使って観察してみたいものです。

↓トリミング、感度ISO400、露出1/400秒、低振動モード4秒

36ed7110epl5__201614_iso400_4001_bl

コペルニクスがちょうど欠け際に来てました。

時間が取れれば アイピース越しに観察したいところでしたが、

この画像を撮影していたときは、ライブビュー画面にて白とびした月で

ピント合わせをしていた記憶があります。

そうするとあまりライブビュー画面でも月面を細かくみることが

難しくなってしまうんですよね。

予めこの日の月面事情をしっていれば別ですが、基本ぶっつけですので・・・。

コペルニクスの見ごろ日程は 今後チェックしておこうかと思いました。

« 「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2015年1月4日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「カタリナ彗星(C/2013 US10)」の撮影 2016年1月4日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2015年1月4日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「カタリナ彗星(C/2013 US10)」の撮影 2016年1月4日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 天文手帳 2019
  • 天体観測手帳2019
  • 星空手帖2019
  • カレンダー2019 星空散歩
  • 2019年大判カレンダー 月齢 月の満ち欠けカレンダー
  • 日めくりカレンダー 星空ごよみ365日 2019
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック