2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2015年12月19日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 2015年12月19日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

2016年1月 6日 (水)

「カタリナ彗星(C/2013 US10)」の撮影 2015年12月19日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「カタリナ彗星(C/2013 US10)」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・トリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_20151219_iso2000_30_bl

結構ノイズが目立っていたのでバックグラウンドスムース処理をしています。

全体的にボヤッとしているのは、そのためです。

しかし、カタリナ彗星 イイですねぇ。実に魅力的です。

この青緑色のモヤッとした感じがなんとも綺麗です。

小さな双眼鏡で見ても、残念ながら こんな風には見えませんが

いちおう位置の確認程度は出来ます。

この日は、8×42(8倍、口径42mm)の双眼鏡で位置確認できました。

ただ、星図が無いと分からないくらい暗いのと

イメージが小さいので小型の双眼鏡でのインパクトはイマイチですね。

「これかなぁ・・・」という感じでした。

ちなみに、ミニボーグ67FL にアイピース(24mm→12.5倍)を取り付けて

見たときのイメージは、ボヤッとした姿が分かりました。

光害地で高度が低めだと、ある程度の倍率と口径が必要なようですね。

« 「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2015年12月19日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 2015年12月19日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(彗星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2015年12月19日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 2015年12月19日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • 新登場 Echo Show 5 (エコーショー5)
  • Fire 7 タブレット 16GB - Alexa搭載 (Newモデル)
  • Vixen 太陽観察用品 日食グラス ともだち ★12/26 部分日食!★
  • Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT)
  • カレンダー2020 星空散歩
  • ビクセン オリジナル天体カレンダー 2020年版
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック