2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 「カタリナ彗星(C/2013 US10)」の撮影 2016年1月20日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「子持ち銀河M51」の撮影 2016年1月21日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

2016年2月12日 (金)

2016年1月20日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/1250秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_2016120_iso400_12501_b

月の縁はイマイチなんですが、欠け際は なかなかシャープな感じに撮れました。

おなじみの「虹の入江」「ガッサンディ」は特に見頃ですね。

「コペルニクス」も欠け際から少し離れていますが まだまだ見頃期かと思います。

比較的長期にわたり よく見える「ティコ」なんかもオススメですね。

毎回不思議に思うのですが、このくらいの月齢は比較的綺麗に撮れます。

月全面にわたってシャープに撮れることは少ないのですが

欠け際は、比較的シャープな感じに撮れます。

欠け際は、シャープだけど 縁はピンボケっぽかっりします。

これ、わずかな距離の違いによるピントのズレなのかなぁ・・・とか思ったりしてます。

« 「カタリナ彗星(C/2013 US10)」の撮影 2016年1月20日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「子持ち銀河M51」の撮影 2016年1月21日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「カタリナ彗星(C/2013 US10)」の撮影 2016年1月20日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「子持ち銀河M51」の撮影 2016年1月21日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • 新登場 Echo Show 5 (エコーショー5)
  • Fire 7 タブレット 16GB - Alexa搭載 (Newモデル)
  • Vixen 太陽観察用品 日食グラス ともだち ★12/26 部分日食!★
  • Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT)
  • カレンダー2020 星空散歩
  • ビクセン オリジナル天体カレンダー 2020年版
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック