2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「球状星団M5」の撮影 2016年2月12日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | CP+ 2016 行ってきました!(BORGブース編 その1) »

2016年2月28日 (日)

「ズベンエスカマリ」の撮影 2016年2月12日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「ズベンエスカマリ」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出時間.30秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5__2016212_iso2000_301_b

右側の黒い帯みたいなのは、電線です。

中央にある恒星が、てんびん座のズベンエスカマリです。

ただの恒星なんですが、高倍率で見ると綺麗な薄い緑色に見えると言われています。

オイラも実際に 何度も見ています。

恒星の中ではオレンジ系や赤系の色よりも綺麗で美しいとオイラは感じています。

てんびん座にある このズベンエスカマリですが、

球状星団M5 を導入する際に必ずといっていい程使いますので

オイラには この時期は とても馴染みのある恒星なんですね。

( ★ 「球状星団M5」のマニュアル導入、はこちらをご覧下さい。 )

さて次の画像を見てもらいたいのですが・・・

↓トリミング、感度ISO2000、露出時間.30秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5__2016212_iso2000_301_2

かなりトリミングすると こんなように追尾エラーが発生していました。

この日は、何故かバランスウェイトの位置調整を数回したものの

追尾エラーの解消ができずに・・・。(いつも バランスウェイトの位置調整で解消)

この後、ポラリエの電池切れを起こしました。

後から思うと、ポラリエの電池の電圧が降下すると 動作が不安定になって

追尾エラーが発生するのかなぁ・・・とか思いました。

これは、当面の課題となりそうです。

« 「球状星団M5」の撮影 2016年2月12日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | CP+ 2016 行ってきました!(BORGブース編 その1) »

天体観測(全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「球状星団M5」の撮影 2016年2月12日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | CP+ 2016 行ってきました!(BORGブース編 その1) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック