2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

« 「子持ち銀河M51」の撮影 2016年1月21日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 2016年1月24日の月(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

2016年2月14日 (日)

インフルエンザの薬 2016年2月4日

気をつけてはいたものの、とうとうインフルエンザが

我が家にもやってきてしまいました(大汗)

帰宅して長女の様子が怪しかったので検温したところ・・・37.8℃

翌日、病院に行ったら「インフルエンザA型」との診断を受けました。

その日から抗インフルエンザ薬のお世話に・・・

我が家では、初めて使うインフルエンザの薬↓「リレンザ」です。

01

喉に集まっているインフルエンザウィルスを直接的に喉に薬を散布することで

劇的にウィルスを減らそうという目論見のようです。

中身は、↓こんな感じの粉薬が4つのセルに格納されたシートです。

02

このリレンザの薬シートを↓この吸入器にセットして服用します。

03

これを見て感心してしまいました。

吸入器の蓋を取ると、↓白い吸入口が見えます。

04

これは、もう薬シートをセット済で一回使用したものなので

薬シートに穴が開いています。

この穴がポイントになります。かなり重要です。

一度 ↓吸入口の根元をつまんで引き出します。

05

そして、もとの位置に戻します。

すると↓薬シートが90度回転して新しい薬の入ったセルが左端にきます。

06

これには、感動しました!

この吸入器を開発した方々は、素晴らしいですね!

そして、↓カメの甲羅みたいなものを上に90度引き上げます。

07_2

中途半端な角度だと、薬シートに穴が完全に開かないので

必ず90度にしないと ダメです。ここ、重要ポイントですね。

元に戻すと、↓薬の入ったセルに穴が開いて吸入準備が管理します。

08

この後、この吸入器を地面と平行にしたまま口に銜えて

勢いよく吸います。この吸入を1つのセルで2回やります。

この後、次のセルへと回転させて次のセルの薬で再度吸入をします。

これら2つのセルの吸入で、1回の服用となります。

薬シートを交換する場合は、吸入口をつまんで引き出します。

09

↓薬シートを交換して、吸入口を もとに戻します。


10

11

そんなに難しいことではありませんが、

とにかく取説をよく読むことが重要です。

今回、薬剤師さんからは細かな説明が無かったので

取説を読んで理解できないと薬の投薬に失敗することがあるようです。

特に薬シートに穴をあけるときのポイントは押えておかないといけません。

まだまだ、この吸入器の改良は必要かと思われます。

来年は、バージョンが新しくなっていることを期待したいものですね。

長女は、3日後には解熱したので学校を休む日も最短で済みました。

学級閉鎖のクラスもあるようなので、かなり要注意時期ですね。

今度は、次女・・・なんてことにならないよう気をつけねば・・・(汗)

« 「子持ち銀河M51」の撮影 2016年1月21日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 2016年1月24日の月(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

家事」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「子持ち銀河M51」の撮影 2016年1月21日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 2016年1月24日の月(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

広告


☆お勧め商品!

  • 笠井トレーディング WideBino28 ワイドビノ28
  • スコープテック × ヒノデ 星座望遠鏡
  • 月刊 星ナビ 2018年 3月号
  • Vixen 双眼鏡 星座観察用双眼鏡 SGシリーズ SG2.1×42
  • Vixen 双眼鏡 星見双眼鏡SG6.5×32WP
  • Vixen 双眼鏡 ジョイフルH 6×18
  • Vixen 双眼鏡 アリーナH 8×21WP ダハプリズム式 8×21WP
  • Vixen 双眼鏡 ソラプティLiteH 8×21WP

最近のトラックバック