2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2016年1月11日の木星・ガリレオ衛星(機材:BORG89ED、E-PL5、ポルタ経緯台) | トップページ | 「球状星団M13」の撮影 2016年1月13日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

2016年2月 3日 (水)

「カタリナ彗星(C/2013 US10)」の撮影 2016年1月10日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「カタリナ彗星(C/2013 US10)」を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED + スリムフラットナー1.1×DG + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。 (機材詳細は、こちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出60秒、低振動モード4秒

36ed7110epl5_2016110_iso2000_60_bl0

透明度も良く、高度も高くなってきたので ちょうど撮りごろですね。

なかなか良く撮れたと思います。

しかし、この彗星独特の 核があってその周りをモヤッとした青緑色の姿は

何回見ても 飽きることはありません。何故か癒されます。

実に不思議ですね。

オイラが初めて見た彗星、ハレー彗星のことを思いだしました。

当時、中学生だったのですが親に車で海岸まで連れて行ってもらって

望遠鏡でハレー彗星を導入して観望した記憶があります。

かなり、高度が低くて望遠鏡が横の方に向いてたのを覚えていますね。

近くにいた見知らぬ方が、望遠鏡を持ってきていたものの

導入が出来なくて困っていたのを見て、

頼まれたこともあって 導入してあげたら喜んでもらえたのを思い出しました。

そのときに見たハレー彗星は尾が見えなくて ぼんやりした姿だったので、

なんとなくカタリナ彗星に似ている感じがしますね。

とても懐かしい思い出です。

« 2016年1月11日の木星・ガリレオ衛星(機材:BORG89ED、E-PL5、ポルタ経緯台) | トップページ | 「球状星団M13」の撮影 2016年1月13日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(彗星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016年1月11日の木星・ガリレオ衛星(機材:BORG89ED、E-PL5、ポルタ経緯台) | トップページ | 「球状星団M13」の撮影 2016年1月13日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • 新登場 Echo Show 5 (エコーショー5)
  • Fire 7 タブレット 16GB - Alexa搭載 (Newモデル)
  • Vixen 太陽観察用品 日食グラス ともだち ★12/26 部分日食!★
  • Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT)
  • カレンダー2020 星空散歩
  • ビクセン オリジナル天体カレンダー 2020年版
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック