2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2016年3月4日の土星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「リング星雲M57」の撮影 2016年3月16日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

2016年3月23日 (水)

「土星」の観望 2016年3月15日(機材:ミニボーグ67FL、4317、VIXEN-HR2.0、ポラリエ)

自宅前にて、土星を観望しました。

機材は、↓こんな感じです。

Vixen_hr20_2016031501

( ミニボーグ67FL + 接眼ヘリコイドS【4317】 + VIXEN-HR2.0 + ポラリエ )

↓接眼レンズ(アイピース)HRシリーズ取扱説明書です。

Vixen_hr20_2016031502

ここには、「性能を十分に引き出すため、光路上にプリズムやミラーが

入らないようにして接続してください。・・・」と書かれています。

確かに余計な光学系を入れることで収差が大きくなることも考えられるので

無い方が良いですよね。となると直視ですが、やはり観にくいので

天頂プリズムをとりあえず使う形で観望しました。

ミニボーグ67FL の焦点距離は 300mm なので

倍率は、 300 ÷ 2.0 = 150倍 となります。

過剰倍率であれば、ピントの山が分からずに

どこでピントが合っているか分からない状態に陥るのですが

そんな心配は無用でした。ちゃんとピントの位置が分かります。

これは、常用アイピースとして使用できることが分かりました。

正直、今までもったいないことしてたなぁ・・・と感じましたね。

カッシニーの隙間もシーイングが悪いなりに見えました。

今までは、ミニボーグ67FL の最高倍率は 120倍として使っていましたが

もう150倍が使えることが分かったので、あとは どこまで上げれるかですね。

期待したいところです。

« 2016年3月4日の土星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「リング星雲M57」の撮影 2016年3月16日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016年3月4日の土星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「リング星雲M57」の撮影 2016年3月16日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック