2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« CP+ 2016 行ってきました!(VIXENブース編 その2) | トップページ | CP+ 2016 行ってきました!(VIXENブース編 その4) »

2016年3月 4日 (金)

CP+ 2016 行ってきました!(VIXENブース編 その3)

「CP+ 2016 行ってきました!(VIXENブース編 その2)」 の続きです。

今年のビクセンさんは、オイラにとって興味深い展示が結構ありますね。

■↓「FL55mmF5.5単焦点フローライト」

Cp2016vixen13

ビクセンから久しぶりに見るフローライトですね。

接眼部がゴツいのが気なりますが

あくまでも参考出品なので、そこは見なかったことにしましょう。

焦点距離は、55×5.5 = 302.5mm ということになりますね。

この対物レンズがどこで作られたものなのか分かりませんが

光学性能が気になるところです。

■↓「A62SS鏡筒本体」

Cp2016vixen14


Cp2016vixen15

全長が約30cmということで コンパクトという点では

トミーテックのミニボーグに対抗できる商品ですね。

ミニポルタ経緯台とのセットがあるとイイのではないでしょうか。

対物レンズは アクロマートのようですが

トミーテックのミニボーグ60が生産中止となってしまった今

このサイズは意外と需要が残っているかもしれません。

価格によっては面白いかもしれませんね。

■↓「ファインダーアイピース」

Cp2016vixen16

こんなアイピース、待ってました!

焦点距離が なんと 100mm です。

例えば 対物レンズ1000mm と組み合わせても 10倍にしかなりません。

最近流行りの短焦点の鏡筒であれば 5~8倍くらいになりそうですね。

倍率的には 導入しやすい倍率ですので これは なかなかイイ商品になりそうです。

価格が どの程度か あと 見掛視界 がどの程度なのか でしょか。

パッと見ですが、見掛視界45度くらいかなぁ・・・なんて思いました。

↓覗くと こんな感じです。

Cp2016vixen17

アイレリーフが かなり長くて 見口 から眼を離して覗く感じです。

実際の星空で使ってみて どうなのか試してみたいものです。

かなり興味ありです!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「VIXENブース編 その4」 につづく。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

« CP+ 2016 行ってきました!(VIXENブース編 その2) | トップページ | CP+ 2016 行ってきました!(VIXENブース編 その4) »

展示会 CP+」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CP+ 2016 行ってきました!(VIXENブース編 その2) | トップページ | CP+ 2016 行ってきました!(VIXENブース編 その4) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • 新登場 Echo Show 5 (エコーショー5)
  • Fire 7 タブレット 16GB - Alexa搭載 (Newモデル)
  • Fire HD 10 タブレット 32GB - Alexa搭載
  • Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT)
  • カレンダー2019 星空散歩
  • 2019年大判カレンダー 月齢 月の満ち欠けカレンダー
  • 日めくりカレンダー 星空ごよみ365日 2019
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック