2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2016年2月26日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「球状星団M92」の撮影 2016年2月27日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

2016年3月12日 (土)

ビクセン アイピースHR2.0mm

ビクセン 新型アイピース HRシリーズ「HR2.0mm」、

発売日にポチッてしまいました。

↓早くも到着し、早速開封しました。

Vixen_hr2

元箱は、意外にあっさり気味。箱にはあまりコストをかけていないようです。

↓開けると、HRシリーズの取説があります。

Vixen_hr202

↓取説の下にアイピースがケースごと入っていました。

Vixen_hr203

う~ん、渋いですね~。派手さはありませんが、シンプルで良いですね。

Vixen_hr204

↓シリアルナンバーらしき番号、JAPAN、という刻印があります。

Vixen_hr205

国産ということでしょうかね。あと、ラベルとかではなく彫られています。

このへんは、安価な商品とは違って高級感がありますね。

見口は、ごく普通です。見掛視界は、42°アイレリーフは、10mm、

Vixen_hr206

眼鏡を使ってないオイラにとって、除きやすさは上々です。

↓対物側は、絞り環がフィルターネジを使って組み立てられています。

Vixen_hr207

ミニボーグ67FL + HR2.0 → 150倍

ミニボーグ50FL + HR2.0 → 200倍

コ・ボーグ36ED + HR2.0 → 100倍

となります。(一般常識では、どれも過剰倍率のような感じですが・・・)

この 高性能と評判高い ボーグ(BORG)の対物レンズと

ビクセンの新型アイピース HRシリーズ でどんな見え具合になるか

早く確認したいですね。

とても楽しみです!

« 2016年2月26日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「球状星団M92」の撮影 2016年2月27日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

天体望遠鏡のアイピース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016年2月26日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「球状星団M92」の撮影 2016年2月27日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック