2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「球状星団M4」の撮影 2016年4月6日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 2016年4月8日の火星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

2016年4月10日 (日)

「はくちょう座β星・アルビレオ」の撮影 2016年4月6日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「はくちょう座β星・アルビレオ」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・トリミング、感度ISO2000、露出時間8秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5__201646_iso2000_8_bl01

薄雲りで透明度はとても悪い状態でした。

ライブビューでピント合わせのときに、モニタに見えたアルビレオは

赤と青色が良く見えました。

薄雲りで滲んでいたことが影響していたのかもしれませんね。

実は、アイピース越しに見たかったのですが

時間的余裕がなくて撮影後にすぐ撤収してしまいました。

後から考えると、「やっぱり見たかったなぁ~」といまだに思っています。

しかしながら、平日の明け方で しかも春休み中ということで

子供たちのお弁当と水筒を準備しないといけない都合上 撮影までが

限界でしたから仕方ないことです。

春休み、夏休み、冬休み、の平日の明け方は いつもそうなんですよね。

やることが増えて、起きる時間があまり変わらないため

やはり、そういったところに影響は出てしまいます。

早く起きれば、良いのかもしれませんが 最近は仕事で疲れて

さらに早く起きることがなかなか難しくなっています。

早く起きたいのですが、逆にいつもより遅く起きることも多々あるくらいなので

もう、これは夢の中で観望するしかないのかもしれませんね(苦笑)

« 「球状星団M4」の撮影 2016年4月6日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 2016年4月8日の火星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「球状星団M4」の撮影 2016年4月6日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 2016年4月8日の火星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック