2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「オメガ星雲M17」の撮影 2016年6月11日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「リング星雲M57」の撮影 2016年6月11日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

2016年6月23日 (木)

「星座観察用双眼鏡 SG 2.1×42」が仲間入り

ビクセンの「星座観察用双眼鏡 SG 2.1×42」を↓入手いたしました。
 
2016611sg214201
 
2016611sg214202
 
2016611sg214203
 
先日、ヨドバシカメラに行く機会がありまして
実機があったので 店内をいろいろと覗いてみたのですが
思いのほか、覗きやすいということに気がついて
無性に欲しくなってしまったのです。
双眼鏡や望遠鏡を使っての星の観察で 重要な要素の一つとして
「覗きやすさ」というものがあります。
これは、カタログ上の数値では 表わせない部分でもあるので
実際に覗いてみて どうか 試して初めて分かることです。
あと、中心部がシャープなのも とても気に入っています。
しかし、残念なことに中心から50%を超える頃から外側全般は
像が急激に歪んで見えてきます。
これが この機材の最大の欠点と言えるでしょう。
笠井トレーディングのワイドビノと比較する方が多いと思いますが
ワイドビノの方が 圧倒的に 周辺像が良いです。
しかし、覗きやすさは 圧倒的に 星座観察用双眼鏡 SG 2.1×42
の方が良いです。ワイドビノは 覗きにくいです。
何を重視するかで選択が変わると思いますが、
オイラは 覗きやすさを重視したいと思うので
星座観察用双眼鏡 SG 2.1×42 の方が ポイントが高いですね。
 
最近は、晴れれば これで 星座を観察しています。
星空を大きいルーペで 見ているような感じで 楽しいですよ。

« 「オメガ星雲M17」の撮影 2016年6月11日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「リング星雲M57」の撮影 2016年6月11日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

双眼鏡」カテゴリの記事

天体用機材etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「オメガ星雲M17」の撮影 2016年6月11日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「リング星雲M57」の撮影 2016年6月11日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック