2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「散開星団M103」の撮影2016年7月7日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団M52」の観望計画 2016年7月11日 »

2016年7月10日 (日)

「散開星団NGC457」の撮影 2016年7月7日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「散開星団NGC457」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_ngc457_201677_iso2000_

まだまだ高度が低い時期なので光害をまともに受けてしまうのですが

意外と良く撮れたと思います。

おそらくシャープに撮れる光学系だからこそなのだと思いますね。

本当に感心してしまうくらい中心から四隅まで針で突いたかのような点像です。

もっともマイクロフォーサーズ規格なので無理のない範囲での画角であることも

起因しているのだとは思いますが、それにしてもシャープです。

あとは、露出時間さえ延ばすことが出来れば

もっと沢山の微光星が写るのかもしれませんね。

このNGC457は、 何回撮っても見ても ETのように見えて面白いものです。

( ちらの記事を参考にしてください。 )

 

 

« 「散開星団M103」の撮影2016年7月7日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団M52」の観望計画 2016年7月11日 »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「散開星団M103」の撮影2016年7月7日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団M52」の観望計画 2016年7月11日 »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック