2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「散開星団M103」の撮影2016年7月29日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団NGC663」の撮影 2016年7月29日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

2016年8月 6日 (土)

「散開星団NGC457」の撮影 2016年7月29日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「散開星団NGC457」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出時間40秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_ngc4572016729_iso200_2

これは、かなりイイです。

とっても綺麗だなぁ~と見とれてしまいます。

やはり、天の川の中にあるだけあって 微光星がびっしりで

なんとも言えない気持ちよさです。

今では、ごく当たり前のように感じてしまいますが

中心から四隅までシャープな星像を結んでくれること。

それが、微光星がびっしりだと感じる上で重要なポイントになっていることは

間違いないと思います。

しかし、この画像をじっと見ていると・・・

星の川に 宇宙人が 浮かんでいるような・・・

そんな風にも見えてしまうオイラです。

 

 

 

« 「散開星団M103」の撮影2016年7月29日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団NGC663」の撮影 2016年7月29日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「散開星団M103」の撮影2016年7月29日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団NGC663」の撮影 2016年7月29日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック