2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「散開星団M35」の撮影 2016年11月26日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) | トップページ | 「散開星団M50」の撮影 2016年11月26日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) »

2016年12月10日 (土)

「散開星団M46・M47」の撮影 2016年11月26日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS)

自宅前にて、「散開星団M46・M47」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + GPガイドパックS です。

↓リサイズ、ノートリミング、感度ISO2000、露出時間50秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5gpgpsm46m47_20161126_is

おぉ~素晴らしいです!

中心部から四隅までシャープな星像を映し出してくれました。

GPガイドパックは追尾に安定感があってイイですね。

中央からやや左側に集まっている星々がM46

中央からやや右側に集まっている星々がM47 です。

天の川の中にあるだけあって 周辺にも沢山の微光星があるので

星空の観光名所としては有名所ですからおそらくこれからの季節は

沢山の方が望遠鏡を向けられるかと思います。

オイラは、空いている時期に

ちょっと一足先に観光させていただいております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

さてさて、今年の「ふたご座流星群」の極大日も もうすぐです。

今年は、12/13~12/14の夜が極大にあたる日のようですが

残念ながら 12/14が満月なので

明るい月が夜空を明るくしているため

見ることが出来る流星は 例年よりも少なく見積もる必要がありそうです。

まぁ、それでも明るい流星は見えるかと思いますので

とにかく 流星観望はしたいと思っています。

 

« 「散開星団M35」の撮影 2016年11月26日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) | トップページ | 「散開星団M50」の撮影 2016年11月26日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「散開星団M35」の撮影 2016年11月26日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) | トップページ | 「散開星団M50」の撮影 2016年11月26日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック