2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2016年12月10日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) | トップページ | 「系外銀河NGC3953」の撮影 2016年12月10日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) »

2016年12月20日 (火)

「系外銀河M81・82」の撮影 2016年12月10日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS)

自宅前にて、「系外銀河M81・82」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + GPガイドパックS です。

↓リサイズ、トリミング、感度ISO2000、露出時間50秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5gpgpsm65m66ngc3628_2016

比較的良好な画像かと思ったので トリミングしてみました。

焦点距離=324mmですが マイクロフォーサーズ規格だと

結構な拡大率になりますよね。

望遠鏡でいうと50~80倍くらいに拡大したようなイメージかと思います。

これらの系外銀河を望遠鏡で観望する倍率に近いですから馴染みがあって

オイラ的には好きです。

初めてM82を撮った時に気が付いたのですが

望遠鏡で観望したときとハッキリと違うことがあります。

この画像で見えてるM82の暗黒帯は見えないことです。

少なくともオイラ所有の望遠鏡では暗黒帯が見えたことはありません。

写真ならではでしょうか。

しかし小口径で これだけ撮れるのは素晴らしいことですね。

 

« 「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2016年12月10日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) | トップページ | 「系外銀河NGC3953」の撮影 2016年12月10日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2016年12月10日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) | トップページ | 「系外銀河NGC3953」の撮影 2016年12月10日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック