2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 「球状星団M53」の撮影 2017年1月3日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) | トップページ | 「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2017年1月3日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) »

2017年1月14日 (土)

「子持ち銀河M51」の撮影 2017年1月3日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS)

自宅前にて、「子持ち銀河M51」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + GPガイドパックS です。

↓リサイズ、トリミング、感度ISO2000、露出時間60秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5gpgpsm51_201713_iso2000

おぉ、素晴らしい!腕が分かる!!

M51 の今まで撮った画像の中では最高レベルの仕上がりかと思います。

このコンパクトな機材で、光害地で、

ここまでの画像が(しかも1枚画像)が得られるとは

以前はとても考えられないことでした。

光学系も駆動系も画像処理系も着実に進歩しているからなのでしょう。

オイラ的に画像処理の技術向上も少しはあるのかもしれませんが

画像処理ソフトをステライメージにしたことが良かったのでしょうか。

ソフトをステライメージに変えてから およそ1年と半年が経とうとしますが

使いながらの学習で徐々に学んだといった感じです。

具体的な画像処理としては、

レベル補正、トーンカーブ、スターシャープ、スターエハンス、

バックグラウンドスムース、ネビュラースムース、と いろいろと処理を

細かく使ったりしています。

いや~ この画像、嬉しいですね。

 

« 「球状星団M53」の撮影 2017年1月3日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) | トップページ | 「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2017年1月3日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「球状星団M53」の撮影 2017年1月3日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) | トップページ | 「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2017年1月3日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) »

★  スポンサーリンク  ★






☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック